アトピー 薬 漢方

アトピーサプリメントと漢方とのギャップ

アトピーサプリメントと漢方とのギャップ
アトピーには漢方が効くとも聞きますよね。

 

まずは漢方とアトケアプロの違いは一体何でしょうか?
そのギャップを比べてみたいと思います。

漢方

漢方で行なうアトピーの医療では、特性医療を行う体質点検の漢方薬とアレルギー症状を押さえ付ける対症療法の漢方薬としていきます。
年代や瞬間、生活環境によっても体質や症状は影響を受ける結果、様々な因子をふまえて漢方薬も考えていきます。
お子さん〜子ども期は、マスター吸収が未展開、つまり脾(ひ)の状態が整っていない結果、肺の機構が乱れる事が多いです。
脾といった肺を強くする漢方薬を用い、また湿疹や痒みの症状において、抗菌・抗炎症の漢方薬を用い、飛びひや水いぼなどの細菌感染も起こさないように注意していきます。
青年〜成人期は、様々な要素が複雑にもつれ合う結果、肺のバリア機構、免疫機構が乱雑していると考えられます。
これは肺といった腎の機構乱雑、単に乾燥の症状が多く、治りがたいことから、肺腎陰虚(はいじんいんきょ)という状態におけると考えられます。
漢方薬は肺って腎を強化するものを用い、瞬間による気候仕度や生活環境を考慮した上で、炎症や乾燥、痒みなどの諸症状に関する漢方薬を用います

 

 

 

アトケアプロ

アトケアプロはカプセル状になっており、6歳から服用出来、子供も飲み易いものになっている。
天然の抗菌作用があると言われているプロポリスパウダーが使用されている。
プロポリスは最も皮膚障害に効果がある成分だ。アレルギー返事のように過剰に返事を起こしてしまう場合でも、プロポリスはそれを抑制して得る効果があります。
アトケアプロに配合されているプロポリスは溶媒や乳化剤を使わない純度100パーセンテージプロポリスパウダーを通じている。
また、プロポリスは自己免疫力を高めて得るもてなしを通してくれる。
抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌・殺菌作用、抗アレルギー作用など、免疫力upを左右する有効成分を配合しています
日本国内のワークショップで産出、経営を通じてあり、日本食物吟味核心の定める安全性吟味をクリアしているため、安全性は裏付けされています。

 

このように漢方だと年代、症状にて漢方の配合が入れ代わり、値段も変わってきます。
しかし、アトケアプロだとつまらない子供から大人まで安心して使用出来るサプリメントになっています。

 

トップに戻る